健康保険ガイド > 健康保険を正しく利用する > 医療費通知について

How to
健康保険ガイド

 
医療費通知について

 

●ご不明な点は健保に問い合わせを

健保組合では、医療機関へかかった方へ3か月ごとに「医療費通知」を発行しております。これには、ご本人やご家族が保険証で診療を受けたときの医療費と保険給付金の明細が記載されています。ご家庭にお持ち帰りになり、受診者ご本人に見てもらってください。

【ご注意】
平成22年度より、年間医療費通知が廃止になります。
3ヶ月ごとの医療費通知に累計が掲載されることになりますので、大切に保管してください。

この医療費通知は、厚生労働省の指導で行っているもので、目的は次の通りです。

1

被保険者・被扶養者に医療費がいくらかかっているかを知ってもらい、より健康管理に注意することにより医療費の削減を図る。

2

被保険者・被扶養者に医療費の過剰請求・空請求をチェックしてもらい、不正請求をなくす。

また、この「医療費通知」は、「領収書等」には当たりませんので、基本的に医療費控除の確定申告の証明資料としては使用できません。詳しくは、最寄りの税務署へお問い合わせください。

医療費は、事業主とみなさんから払って頂いている貴重な保険料から支払われています。医療費が増加すればわたしたち個人個人が負担する保険料も増加しかねません。適正な受診を心がけましょう。

関連のページへ

医療費の一部を自己負担する

保険給付に納得がいかないとき

医療費でも税金の控除が受けられる

↑↑↑